スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめての多紀連山 2

藤坂の集落を過ぎたら、やがて

藤坂峠に到着
藤坂峠

301号線を火打岩方面へ
r301 火打岩方面へ

r301 火打岩方面へ

で、いよいよ山道の上りです

25-9-9 多紀連山 014
なんか、荒れててちょっとこわい。

ロードバイクどころか、車も通ってない、聞こえるのは自分の、あえぎ声のみ

「はぁ、はぁ、ふぅ、ふぅ、ぜぇ、ぜぇ」

なんて、静かな山道だ”


ちょっと、不気味ささえ、感じる










・・と思った瞬間、


前の道の左コーナーから視線を感じた
25-9-9 多紀連山 015



・・・・・・ん?





どちらさん?とカメラを構えていると、








野生の鹿があちらのコーナーからこっちの私を、どちらさん?といわんばかりに
顔だけが覗いてた。

目と目が合うと、近くの数頭と一緒に

どどどっと、正面の斜面を一目散に駆け上がっていった。


いや~、しかし、あんな近くで野生の鹿の迫力のあるダッシュを見ると、びっくりですね。
同じ野生でも、奈良公園の鹿と大違い! 迫力が違った!
野生の鹿と遭遇とは!  恐るべし、多紀連山!

熊じゃなくて、よかった(笑)








北面から登ってきてるので、遠くまで見渡す限り、北の方面は山だらけ!!

25-9-9 多紀連山 018





やがて、「おおたわ」というピークに到着。

25-9-9 多紀連山 019


25-9-9 多紀連山 021


北方に急峻、南方に緩やか”って書いてる! どうりでしんどかったはず!
南側から登ればよかった(笑)
25-9-9 多紀連山 022



”緩やか”な南側の斜面をくだると火打岩の集落

25-9-9 多紀連山 024

正面の道を下ってきた。向って右に行くと鯖市ダム
25-9-9 多紀連山 025

やっぱり、けっこう時間がかかったので、帰路を急ぎます。
国道372号線へ出て、亀岡方面へ。旧道を走り、
477号線を南下。
r477
まだ亀岡なのに、すでに薄暗い。

一庫ダムまで戻ってきて、輪行する為、能勢電、日生中央駅に着いたら、
あたりは真っ暗。 ここから、まだ大阪まで1時間はかかる(泣)

自分の鈍足を考えず、適当な時間に出発して、適当に走ったらあきませんね(笑)


  メーター接触不良のため、だいたいの走行距離 約110km
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

今回も上手く輪行を利用してはりますね!

大たわの北斜面は確かにちょっと薄気味悪い感じがあります・・・
でもそれが鹿で良かったですね(笑)

先日の台風の大雨は大丈夫でしたか?
猪名川も随分荒れてしまってますよ(汗)

Medakaさんへ

いつもコメント有難うございます。

台風の次の日、猪名川のあたり、走りました。
次の日でも、かなりの水量でしたね。

この辺の淀川も河川敷は水浸しで、土手の根元まで、水は来てました。
たいへんな台風でしたね。
プロフィール

毛馬5丁目

Author:毛馬5丁目
大阪に流れる淀川のほとり 
毛馬町に住んで50年あまり。
メタボ対策に乗り始めたロードバイクなどのことを、
綴っていけたら・・・と思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。