スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大野山 ヒルクライムなのか、ハイキングなのか?

アカン、また、無謀なことをしてしまった。
ブログやりだして、どうも、自分の実力以上のことを「ネタ」のためにしてる気がする。

まだ、ロードバイクに乗りだして、1年も経ってないのに、無謀にも標高753メートルの大野山に
単独 挑戦してきた。




前日の天気予報では、曇りで、雨も降ることになってたので、ノーライドを決めこんでた。
そのため、寝坊して、8時ごろ、目を覚ますと、 「晴れてるやん。」
じゃぁ、というわけで、とりあえず、いつもの北摂方面の地図を持って、どこに行くかも決めず、急遽出発!!


前日までの、湿気が残ってて、肌にまとわりつく。猪名川自転車道。
6-28 猪名川自転車道

朝あいさつしてきた、仕事中のeauさんと同じ BASSO VIPER (って言うか、私が真似した)
6-28 ダイハツ前
ダイハツ前のトイレで、どこに行くか、思案中



以前から、気になっていた、大野山に行く事に。
(ある程度激坂なのは、覚悟してたけど、これほどとはと、後で、泣きを見ることに・・)

同じ道を、行って帰ってくるのは、つまらないので、前回と逆方向に、一庫ダムからR106を北上。
能勢町方面から、猪名川町の杉生へ。


一庫ダム
6-28 一庫ダム

R106を北上
6-28 R106


能勢町の栗栖で食事を済ませ、西へ、猪名川町方面へ。



6-28.jpg



杉生の交差点から、大野アルプスランド方面に、坂道を登っていくと、やがて、柏原 バスの終点。
ここから、大野山の本格的な登山道になるのだが、
ここまででも、結構上がってきてて、汗びっしょり。
6-28 柏原民家
6-28 柏原


登りと下りが一方通行になっていて、恐ろしいほどの激坂が待ってました。
一方通行の始点から、2050メートルほどの、距離らしいが、
はじめから、ほとんど、ずっと、立ちこぎ状態のままで、一度とまると、スタートするのが、むずかしい。
とまって、うつむくと、汗が、ぼたぼたとしたたり落ちる。

コケに、後輪が滑って、こけそうになる。(しゃれ?笑)
6-28 大野山激坂
何度も止まって、スタートしようとして、危なく、こけそうになり、身の危険を感じ、半分ほどから、押して歩くことに。(笑い)


















ヒルクライムかハイキングか、わからん状態で、

登頂!!!
6-28 大野山 
大野山と書いて、おおや山と読み、
標高753メートルで、360度、絶景を見渡すことができる。
6-28 大野山 Ⅱ

天文台とアジサイ
6-28 大野山 Ⅲ

もう、夕方近いので、、ゆっくり、眺めを楽しむことなく、早々の下山。
6-28 大野山 Ⅳ



下山は、あっという間に、 杉生の交差点。ここの、パン屋の前で、飲み物補給。
ちょうど、ルイガノのローディが休憩してたので、ちょっと立ち話。


私が、走ってきた方向を見てて、

ルイガノ乗り 「え~!!。大野山に、行ってきたんですか?」
私      「ハイ、初めて登ったんですけど、たいへんでしたわ~。」
ルイガノ乗り 「僕、この辺に、実家があるんで、よく知ってるんで、あそこは、きついんで、めったに行きませんよ~」
私      「へへへへ!僕も、もう行きたくないですわ~。」
ルイガノ乗り 私 「じゃ!さよなら!!!」




半分以上は、押して登ったことは言いませんでしたけど、何か?(笑)




猪名川沿いを通って帰路を急ぐ
6-28 R12




113.24km
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

めちゃくちゃ走ってはりますねぇ~[徒歩含む](笑)

ご一緒したかったなぁ~

また誘って下さいませ!

ロムさんへ

>めちゃくちゃ走ってはりますねぇ~[徒歩含む](笑)

 いや~、一人で出かけると、ついつい、限界超してるんちゃう?
って自分で思うほど、無茶してしまうんですよねぇ
病気かなぁ?(笑)

>ご一緒したかったなぁ~

>また誘って下さいませ!

 ハイ、、是非、ご一緒しましょう。
ただし、ご一緒しても、ぜんぜん、ご一緒に走れませんが・・・(笑)

No title

あいかわらずめちゃくちゃしてますね!(笑)
最高~

僕もタバコやめたら登れるかな~?って思います。
この峠、すごく興味がわきましたわ、
いつか登りにつきあってくださいね!

eauさんへ

山頂までは、車で、行けて、無料のキャンプ場があります。
天文台があり、(でも、プラネタリウムは故障中って書いてたかな?)子供さん連れて行っても、よろこぶかも?

自転車で行くなら、相当覚悟して、くださいよ!!
心臓飛び出すかも(笑)!!
プロフィール

毛馬5丁目

Author:毛馬5丁目
大阪に流れる淀川のほとり 
毛馬町に住んで50年あまり。
メタボ対策に乗り始めたロードバイクなどのことを、
綴っていけたら・・・と思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。