スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淡路島へバス釣りに行く

4月23日

この日は久しぶりに淡路島へ「バス釣り」に行ってきました。

いつもの、Boss氏 I氏と私に加えて、
Boss氏のお店のスタッフである澤氏の4人での釣行です。

自転車や、山登りに誘っても、

「やれ、あっちが痛い。」
「ほれ、こっちが痛い。」 
「ほら、まだ寒いやん!」


と、身体は、お互い、年々年を取り、無理をしないようになりました

それでも、元々、釣りから始まった仲なので、釣りとなると、
すんなり、集まります


まず、一つ目の野池の到着。
バス釣りが初めての澤氏へboss氏は指導をする。

boss氏 「針の付け方はね、どうたらこうたら・・・」
澤氏 「はい。」

Boss氏 「ルアーの動かし方はね、どうたらこうたら・・・」
澤氏 「はい。」

Boss氏 「じゃ、投げてみて!」





しばらくすると、

澤氏「釣れました~!」
ミラー池 澤氏
ってあなた!!初めてやのに一番に釣ってるやん!!!
しかも、魚でかいし!!






で、師匠の魚はというと、


ミラー池 BOSS氏
釣れた時の「よっしゃ~の声の大きさの割りに、たいした事はありません



笑ってる場合じゃありません。

朝の、二人の2匹が釣れたきり、その後、みんなにぴたっとあたりがなくなりました。

場所を移動するも、どこも、厳しい状況は続きます。



I氏と澤氏



実績のある野池に行ってみても、釣りが禁止になっていたりして、
淡路島も、だんだん厳しくなってきてる。
いつも、行った事がある、野池ばかりじゃなく、
遊べる場所を開拓しないといけませんね













あたりが無く、お疲れ気味のBoss氏

三段池 BOSS氏


あたりが無く、携帯いじる、I氏。


三段池 I氏



あたりが無くても、若くて、根性がある澤氏は釣り続ける。

三段池 澤氏

私は、あたりが無く、お昼寝









テレビで誰かが言っていましたね、
「キャスト(ルアーをほり込む)の数だけ幸せの数がある。」

寝てたら、釣れる魚も釣れません。

午後3時を過ぎました。

頑張って、最後の野池に、移動。









集中力をつけて、頑張るも、ここでも、なかなか釣れない。










「そろそろ、帰ろか」って時間になり、やっと、私にも1匹。

やっと釣れた

小さいのが先に釣れてて、これが、私の唯一の写真かなって思ってたけど、上の写真が撮れてよかった~
24-4-23 淡路島バス釣り 010 上の、自慢げな顔と比べて、申し訳なさそうな顔がおもしろい




それでも、天気も良かったし、景色のいい、淡路島でゆっくり出来て、最高でした
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

淡路島

kさん、コメント有難うございます。

淡路島も、昔は爆釣してた、野池も、なんか釣れなくなってる、感じがしますよね~。釣り禁止になったところも増えてきたし・・
だから、最近は、もっぱら釣果より、淡路島ののどかな風景を堪能したり、友人らとの楽しい語らいに、重きを置いてる感じです。

釣れる池(昔は?笑)も、ご紹介したいけど、淡路島には、2万ほど、野池があるそうです。一つ一つに名前が付いてるわけでもないので、行き方はなかなか、説明しにくそうです。

ちなみに、私達は、国土地理院発行の1/25000の地形図の「都志」
「郡家」に載ってる野池によく行ってます。
地形図で、野池を眺めていると、釣れそうなところが、地形から想像できるので、お勧めですよ。
プロフィール

毛馬5丁目

Author:毛馬5丁目
大阪に流れる淀川のほとり 
毛馬町に住んで50年あまり。
メタボ対策に乗り始めたロードバイクなどのことを、
綴っていけたら・・・と思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。