スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れ物は何ですか?

3月19日の日記

朝、目覚めると、窓の外からは春らしい日差しが差している

「よし、それでは、自転車で出かけることにしましょ
と、ルンルン気分で、出かける準備して、10時過ぎから、嵐山方面へ出発。

(この準備段階で、後ででとんでもないハプニングが発生することは、
知る由も無かったのだった 



暖かいかな?と思ってたけど、案外風が強くて、寒かった
そして、風が強く、晴れた日には、恐怖のあれがやってきます。






そうです、あれ






「花粉症


今年は、これまで、そんなに症状は出てなくて、
「おっ!! もう直ったかな?」 なんて甘い考えもしてましたが、
この日のサイクリングで、一挙に爆発したような感じでした。

涙が出て、目がかゆい! 鼻水は止まらんし、よだれが垂れるこれはちょっとちがったか?


「はっくしょ~ん!」 「は~~くしょ~ん!!」と、くしゃみ連発!
そのたびに蛇行運転になりながら、

昼過ぎに、到着! 「渡月橋」



24-3-19 嵐山 清滝 001

寒かったから、嵐山に着いたら、「どこかで、おうどんでも頂きましょ!うふっ
と、鼻水たらしながら思い、到着するも、渡月橋界隈は、平日にもかかわらず、
人で、いっぱい!
一人では、ちょっと入りにくかったので、渡月橋渡って、嵯峨へ
(この時点で、後のハプニングを知る由も無かった 笑)


嵐山往復するぐらいのつもりで、来てたのに、「清滝方面へ」の道路標識見て、ちょっと行ってみることにしました。
その前に、腹ごしらえ。
観光客から見たら、場違いな格好してて、なんとなくお店に入りづらくて、
目に付いたコンビニで、済ますことにしました。

おにぎり2つと飲み物持って、レジにならぶ。

前の人のレジが買い物多くてやたらと、時間がかかる。

待ってる間に、財布用意して、お札を出そうとすると、






ガビ~~~~~ン

お札が入ってないやんけ~~~~~~

と、決して口には出せない、心の叫びを胸に秘めて、脇から冷や汗が出るのであった。
(今日は色んなとこから、水分が出てくる日やな~笑)

いつも、私はサイクリングの行き先や、準備など予め準備しておく事は滅多に無く、
一人のときはその日の気分で、急に思いついたり、行き先を決めちゃいます。

この日も、そろそろ、まる一日、自転車乗るのにも、慣れとかないとね!
と、平地で、100キロほど走れる嵐山に行き先を決めて、

サイクリングにいつも持って行くコンパクトな財布にお札を入れ換えてる最中に
嫁さんから、今日はどこ行くん?とかしゃべりかけられて、ついうっかりしてしまい、
ちょっと遠出するので、用心の為、多めに用意した5千円札2枚は
家に置いてるバックの底におきざりになってました

レジで並んでる最中に小銭だけ入った財布を握りしめ、買い忘れたものがあると、見せかけて(大笑)
商品棚のほうへ戻り、
お腹の足しにならない飲み物は返したのは、言うまでもありません

「嵐山でお店に入って、無銭飲食しないでよかった~
と、コンビニの前で独りごちながら、おにぎりふたつをゆっくりとボトルの水で味わいながらかみしめました


今日はラッキーな事に、飴とちょっとしたお菓子も、バックポケットに入れて来てる。

気を良くして、清滝方面へ。


清滝へのトンネルを通らずに、試峠へ
24-3-19 嵐山 清滝 002
短い距離だけど、結構勾配がきつい。坂の頂点の上には、反対側を見るミラーが
設置されている。
(半分以上は、押して上がったのは言うまでもありません 笑)


24-3-19 嵐山 清滝 003
峠の方から清滝のバス停を眺める(結構勾配があるのがわかるでしょ)



24-3-19 嵐山 清滝 004
時間があれば、下六丁峠から保津峡の方に行ってみたかったんだけど、下調べしてなかったし、
地図も、持って来てないので、パス

清滝のバス停から川へ降りていく。
24-3-19 嵐山 清滝 005

24-3-19 嵐山 清滝 007

帰りのきつい山越えは遠慮させていただき、そそくさとライト取り付けてトンネル通過

24-3-19 嵐山 清滝 011
一車線通行の狭いトンネルなので、信号が変わる前に、すばやく通過しないとだめだし、
後ろからも車来るかも?という怖さもある、今日はバス一台しか見なかったけど、
これからのシーズンは自転車の通行はちょっと恐怖かも?

で、トンネル出た後は来た道をそのまま引き返します。

嵐山の河原で、ソフトクリームを美味しそうにほお張る、お一人様のローディを
横目に見て、帰りはなるべくお腹が空かないように、楽なペダリングを心がけます。

「だって、お財布にはあと、2,3百円しか入ってないもんね

往きのときは、結構向かい風だったと思った。
ならば帰りは順風?京都では結構順風だったけど、
大阪府に近づいてきたら、なんかそうでもないのよね~
時折、激しい向かい風にさらされながら、帰りの道中は、
花粉症がだんだんひどいことになってきた。

くしゃみ、鼻水、涙の大特価である

枚方の関西医大前で、最後の休憩。

トイレの鏡見たら、目も充血してて、すごいことになってる。
お腹も空いてきて、もうへろへろ状態である。



持ち金確認して、医大前のコンビニへ。
肉まんと100円のジュース買って、補給!!



いくら、お腹のタンクに、脂肪を蓄えてるとはいえ、言うならば、オイル満タンでも、
ガス欠状態なのである。

これで、なんとか残り15キロほど、がっばって走れました。
まだまだ、長距離は無理かな? 

 本日の走行距離 108.2km
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

大変でしたね・・・

無銭飲食にならずに良かったですね。
私も同じことをしたことがあります。その時は幸い500円玉が4枚入っていて助かった記憶があります。 自転車で出掛ける時は普段の財布は持っていかないですもんね・・・ でも失礼ながら読みながら笑ってしまいました~

嵐山は一度行きたいところなんですがまだ自転車では未体験です。 楽しく読ませていただきました。

Medakaさんへ

コメントありがとうございます。
5百円玉が4枚なら、嵐山のお店に入っても、メニューから色々選べられますよね~(^_^)
私なんか、1万以上入ってるつもりが、5百円ぐらいしかなかったんです。 マジで、あせりましたよ~(笑)
淀川のすぐ近く住んでいながら、淀川のサイクリング道あんまり走らないようになったのは、例のあの「車止め」がわずらしいのと、やっぱり単調なんで、あきるんですよね~
やっぱり、Medakaさんが走られてる北摂の色んなところの四季折々(私は冬は遠慮させていただきますが・・・笑)の里山の風景が魅力的ですね~
また、へっぽこなことするかもしれませんが、
よろしくお願いします<(_ _)>
プロフィール

毛馬5丁目

Author:毛馬5丁目
大阪に流れる淀川のほとり 
毛馬町に住んで50年あまり。
メタボ対策に乗り始めたロードバイクなどのことを、
綴っていけたら・・・と思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。