スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の終わりは舞洲へ

いや~しかし、いつまで続くのか。この暑さは。
こんなに暑いって、どうなん? ちょっとおかしくない?
これだけ、暑いと、自転車乗る気が、しない。
30日のお休みも、クーラーの効いた部屋から、出れずに、読書などして過ごす。

でも一日中、家にいることが出来ない性質なので、もそもそと、ジャージを引っ張り出して、着替えます。

「チョっくら、行ってきまーす。」 今からなら、舞洲ぐらい行けるかな~と。PM3時過ぎ出発。



近所の鉄橋で、淀川の右岸へ。
18門鉄橋


海からの向かい風と闘いながら、ゆっくり走っても、1時間ほどで、舞洲に。
22-8-30 舞洲 002
西日の下の方には、明石海峡大橋も見えていた。




さあ~舞洲で、周回のトレーニング?




いえいえ、お気に入りの東屋で、お昼寝です。(夕寝かな?)
22-8-30 舞洲 003
いくら、最高気温が36℃の記録的な残暑とはいえ、日陰に、いてると、海からの風が、気持ちいい。




寝てると、10年以上前の、今と同じ、8月の末に、息子と2人で、自転車で、来たのを思い出す。
当時、小学校の低学年だった息子に、夏休みの最後の思い出にと、海まで、自転車で、行こうと連れ出した。
息子は、自分の、マウンテンバイク風の自転車で、私は、ママチャリ。
まだ、ちょっと小さいから、無理かなぁと思ったが、それでも息子は、マウンテンバイクの変速を巧みに使い、堤防のアップダウンをうまくやり過ごし、往復とも問題なくクリアー。ママチャリの私の方が、帰りには、ふらふらになっていた。


一日ががりで、ふらふらになって、やってきた、同じ海に、ロードバイクで1時間ほどで来てる、10年後の自分。
その当時では、想像もしてなかった。

ちなみに、今の息子は、近所のレンタルビデオ屋さんにも、しんどいからと、原付で行く、大学生である。

22-8-30 舞洲 004

はぁ~、真っ暗になる前に、はやく帰りましょ!! 
(♪さ~ら~ば~♪な~つよ~♪と思い出に耽るには、今年は、暑すぎて、早すぎました。)


 走行距離 34.89km
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

毛馬5丁目

Author:毛馬5丁目
大阪に流れる淀川のほとり 
毛馬町に住んで50年あまり。
メタボ対策に乗り始めたロードバイクなどのことを、
綴っていけたら・・・と思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。