スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

布目ダムで浮く

9月23日

ひさしぶりのフローターでのブラックバス釣りに行って来ました。
しかも、今回は岩本氏、東本氏もご同行。

楽しくなりそうで、わくわくして前の日は子供みたいにあまり、寝られませんでした
(うそ!ほんとは最近、せきがでて、寝られない日がちょくちょくあります。
嫌いな病院に行かんとあきませんね!)


東本氏のピカピカの新車、jeep
jeep


今回の行き先は奈良の布目ダム

布目ダムは釣りをするには遊魚券が必要です。

遊魚券

jeepと布目ダム

私と岩本氏には初めての場所ですが、湖の雰囲気や遊魚券が要る事で、
釣れる気がむんむんしてきました。

早く、釣りたい気もちでわくわく

久しぶりのフローターの準備で手間取り、あせあせ
準備完了
準備完了と思いきや、真ん中の私の用意したフローターの空気穴のキャップの閉めかたが甘く、
空気の入れ直し!何をしてまんねや!

汗だくで用意して、やっとこさ、入水!



「ふ~~~!!気持ちいい!!」




「さあ~、釣りまっせ~」






・・・・・・・




・・・・・・・




「・・・・・ん~釣れませんけど~」




数回のあたりはあるものの、なかなかお魚の姿をお目にかかることが出来ません。


私と岩本氏はいまだ、ノーフィッシュで、昼休憩に入ることになりました。

東本氏はというと、

「釣れましたか?」と聞くと

「そこそこのサイズが釣れたよ~」とおっしゃる。

私と岩本氏は考える・・・(こころの声)「おかしいな~いつも、釣れたら湖中に響き渡るほどに大きな声で
『よっしゃ~』やら『ふぃっしゅ~』 と叫んでるのにな~」  ・・・・・と


フローターの場合、釣れたからといってすぐに飛んで行って、写真を撮る事は無理。

しょうがないので、エアーギターばりの

エアーフィッシュの写真でも、撮っておきましょか

「どれぐらいの大きさでしたか?」「ん~だいたい、これぐらい。」

「ハイ、チーズ」
エアーフィッシュ
多少の大きさの水増しがあるのは、目をつぶりましょう(笑)


コンビニで調達していた食料で、昼休憩後、午後の部スタート

昼休憩


…恥ずかしながらの私のベストフィッシュです(これ以上、大きな魚が釣れてないので…)
私の25cm
ベビーシャッドで25cm




周りから見てると、楽に遊んでるように、見えるけど、

風が強いと、けっこう足を動かさないといけないし、
方向転換するには、身体をねじるようにして、操縦しなければだめだし、
見た目よりも、案外、スポーツ感覚な釣りです。

久しぶりのフローターだったので、私、普段、動かさない筋肉を使ったせいか、

魚は2匹しか、釣ってないのに

3回も  足、攣りました(泣)






岩本氏


東本氏


なかなか、大した釣果も無く、午後3時に上陸、納竿
上陸!!

昔は、月に2~3回は釣りに行ってたけど、今年はたぶん、3人で釣りに来たのは始めて。
なかなか、みんな、寄る年波には勝てません。

まあ、それでも、次の再会を楽しみにして、お別れしました。

ありがとうございました。
スポンサーサイト

台風過ぎて

9月17日

特別警報が発令された大型の台風18号が通過して、この日は快晴の一日。
前日の16日は、一日中、台風のニュースでテレビに釘付けだったので、
自転車でからだを動かす事に・・・そうだ、今日のビールのお供を買いに行こう!


神崎川・なにわ自転車道~猪名川堤防道~池田~旧12号線

旧12号線のいつも通ってる、西畦野辺りの橋 
旧12号線、西畦野辺りの橋
橋の上まで川の水があがってきたみたい。橋のらんかんが曲がってます



猪名川町役場~12号線を北上~道の駅 いながわ~

目的だった鶏肉のお店は通過して、

杉生~西峠~篠山市~

後川で、昼食。(どんだけ、遠回りしてんねん!って自分でつっこみ!)
25-9-17 後川 004

後川~37号線~小柿渓谷
小柿渓谷


大船山 
大船山
 雲ひとつない青空で気持ちいい!!


木器~323号線~大坂峠~下佐曽利~68号線~万善

万善にあるお目当てのお店に戻ってきました
中元かしわ店
焼鳥のお持ち帰りでも、余裕の収納!

では、帰って、美味しいビールでもいただきましょう

 本日の走行距離 116km

はじめての多紀連山 2

藤坂の集落を過ぎたら、やがて

藤坂峠に到着
藤坂峠

301号線を火打岩方面へ
r301 火打岩方面へ

r301 火打岩方面へ

で、いよいよ山道の上りです

25-9-9 多紀連山 014
なんか、荒れててちょっとこわい。

ロードバイクどころか、車も通ってない、聞こえるのは自分の、あえぎ声のみ

「はぁ、はぁ、ふぅ、ふぅ、ぜぇ、ぜぇ」

なんて、静かな山道だ”


ちょっと、不気味ささえ、感じる










・・と思った瞬間、


前の道の左コーナーから視線を感じた
25-9-9 多紀連山 015



・・・・・・ん?





どちらさん?とカメラを構えていると、








野生の鹿があちらのコーナーからこっちの私を、どちらさん?といわんばかりに
顔だけが覗いてた。

目と目が合うと、近くの数頭と一緒に

どどどっと、正面の斜面を一目散に駆け上がっていった。


いや~、しかし、あんな近くで野生の鹿の迫力のあるダッシュを見ると、びっくりですね。
同じ野生でも、奈良公園の鹿と大違い! 迫力が違った!
野生の鹿と遭遇とは!  恐るべし、多紀連山!

熊じゃなくて、よかった(笑)








北面から登ってきてるので、遠くまで見渡す限り、北の方面は山だらけ!!

25-9-9 多紀連山 018





やがて、「おおたわ」というピークに到着。

25-9-9 多紀連山 019


25-9-9 多紀連山 021


北方に急峻、南方に緩やか”って書いてる! どうりでしんどかったはず!
南側から登ればよかった(笑)
25-9-9 多紀連山 022



”緩やか”な南側の斜面をくだると火打岩の集落

25-9-9 多紀連山 024

正面の道を下ってきた。向って右に行くと鯖市ダム
25-9-9 多紀連山 025

やっぱり、けっこう時間がかかったので、帰路を急ぎます。
国道372号線へ出て、亀岡方面へ。旧道を走り、
477号線を南下。
r477
まだ亀岡なのに、すでに薄暗い。

一庫ダムまで戻ってきて、輪行する為、能勢電、日生中央駅に着いたら、
あたりは真っ暗。 ここから、まだ大阪まで1時間はかかる(泣)

自分の鈍足を考えず、適当な時間に出発して、適当に走ったらあきませんね(笑)


  メーター接触不良のため、だいたいの走行距離 約110km

はじめての多紀連山

久しぶりの更新です。 なんと!2ヶ月ぶり! どうりで自転車にほこりが
うっすらとかかってるはずです(笑)

9月に入り、朝晩がずいぶん涼しくなってきたので、そろそろ、乗らなくちゃっと
行って来た場所は はじめての多紀連山。

長い夏眠?からのリハビリスタートのわりにはまた、遠くに行ってしまい、
日中はまだまだ、暑いので、バテバテのぼろ雑巾のようになって帰ってきました(トホホ)


9月9日 天気は快晴 絶好のサイクリング日和。

いくらサイクリング日和だといっても、多紀連山までの自走という無茶はしません(笑)
能勢電 妙見口駅 まで輪行。

妙見口スタートです。まずは477号線を北上。
園部から中山峠を通っていくつもりなので、この先、昼時まで確かコンビニもなにもないと
思い出し、477号線のパン屋さんで食糧確保して休憩。
477号線のパン屋さん前

亀岡にはいり、372号線の旧道を通ります。

府立農芸高から、452号線へ。

長谷から453号線になり園部町方面へ。
453号線



昼時になったので、園部町船阪の公園で昼休憩。

453号線を中山峠へ。
中山峠へ

中山峠を通過して、702号線を国道173号線方面へ

702号線に短い距離だけどバイパスが出来てた。
702号線 バイパス
前回通過時は工事中。

702号線の峠
702号線 峠


国道173号線に出て、ヤマザキのコンビニで休憩。

この時点で、確か2時前ぐらい、こんな時間から、山に入っていっていいもんか?って
一瞬、脳裏を掠めましたが、まあ、あまり深く考えず、能天気な私は先を進みます(笑)

国道173号線を北上、300号線を多紀連山方面へ。
300号線へ

つづく
プロフィール

毛馬5丁目

Author:毛馬5丁目
大阪に流れる淀川のほとり 
毛馬町に住んで50年あまり。
メタボ対策に乗り始めたロードバイクなどのことを、
綴っていけたら・・・と思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。