スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24年度 大美生組第3ブロック親睦旅行

10月15日~16日 と美容組合の親睦旅行に参加

行き先は伊豆 修善寺温泉

修善寺
24年10月15日~16日 修善寺温泉 003



久能山 東照宮 東照公御遺訓
24年10月15日~16日 修善寺温泉 009

宿泊地 修善寺温泉 SORA・宙
DSC_7454.jpg
                             組合HPより

DSC_7500.jpg
                             組合HPより

備忘録としてアップしておきます。
スポンサーサイト

岩本氏とサイクリング

いや~しかし、長い間ブログほったらかしにしてました。
ほぼ2ヶ月ぶりの更新ですね。

9月に、父親が亡くなり、何かと忙しく、自転車にもあまり乗れなくて、
自分がブログしてる事すら、忘れかけている状態でした。

で、久しぶりに一昨日、自転車に乗ったので、今日パソコンの前に座ってるわけです。

あっ、でもその前に岩本氏と走ったことを記録にとめておく事にしましょう。





10月8日(体育の日) 天気は快晴。

待ち合わせ場所は池田の呉服橋
茨木市から来られる岩本氏と私とはほぼ同じ距離を走って、待ち合わせの時刻に到着。

ちゃんとした、サイクリングは久しぶりらしい岩本氏。
ちょっと不安を抱えながらの出発です。

いつものように、r12を北上します。

いつもは平日走るので、閉館してる猪名川町のふるさと館も、祝日はオープンしてます。
ふるさと館


ふるさと館を後にして、一路、西峠へ向かいます。

杉生の交差点ぐらいからの長い長~い登り道に、
久しぶりの長距離走になった岩本氏、「太ももがぴくぴくしてきた~」

しばらく休憩し、ストレッチして、出発です。

西峠に到着。
西峠

後川に着いて、後川ドライブウィンで昼食。 篠山では、白ごはんがうまいのが嬉しいですね。

私「どうですか?飯もうまいし、いい所やし、最高でしょ!」

岩本氏「うん、そやな・・、ええ所やけど、もうええわ~」

私「えっ、そんな~」

太ももぴくぴくしたのが、よッぽどつらかったらしい(笑
(そら~60歳もちかいことやし、無理ないわな~笑)←スンマセン


まぁ、来たからには帰らないといけません。
なんとか、頑張ってもらい、午後の部スタートです。

後川から、篭坊温泉へ。

ちょっと肌寒くなってきたので、アームウォーマーを装着する、岩本氏。
篭坊温泉

そういえば、タイヤの規定の空気圧まで入れてなかった事を思い出し、空気を入れ終わり、
篭坊温泉
トイレに走る、岩本氏。← あの~先が長いので、早く出発したいんですが・・(笑)



篭坊温泉からr601で天王方面へ 国道173号線から旧道の能勢街道を通るため、はらがたわ峠へ

今まで南側から苦労して到着してた、はらがたわ峠も北側からなら、あっという間に到着。
はらがたわ峠

「いくつ、峠を越せばえーねん!
 と言う岩本氏に

「もうこれからは、下り基調なので、楽々で帰れますよ~」
 と、なだめて


爽快に能勢街道の下り道を飛ばしていく。

能勢街道




茨木市方面へ下っていくつもりだったので、r732で東へ向かいます。

r732でいきなり現れた逢坂峠

逢坂峠
「どこが、もうあとは下りばっかりやねん!」とふらふらしながら、登る岩本氏。




r106と交差する清正公前
r106と交差
後から思えばここから、一庫ダム方面に向っていれば、下り基調で楽々に終われたんですけどね

岩本氏の自宅へ帰れるように、茨木方面に東へ進路を取ったのが、ちょっと失敗かな~

R477と交差しても、さらに、東進。
R477と交差

京都の亀岡市に一旦、入るころには山深さは益々深くなってきます

ついに、泣きながら押しに入った岩本氏(笑)
r732の登り
あとで確認したら、堀越峠あたりを走ってるのかな?


国道423号線に入り、南下。もうこの頃から薄暗くなってきて、ライトを点灯する。

国道423号線から府道110号線 余野茨木線に

r110の南下は下りで楽なんだけど、暗くなってからの山道はつらい。
MOONの3Wのライトが初めて威力を発揮しました。

で、またけっこう、この山道が長い長い。
いつになったら、街になるのか~ってかんじ。


やっとのことで、茨木の福井まで降りてきて、コンビニで休憩。
「いや~しかし、最後の夜道は疲れましたね~」

ここで、岩本氏と別れて、私は産業道路で大阪市内へ

今度はもうちょっと、楽なコース設定にするから、これに懲りず

また、行きましょね~イ・ワ・モ・トさん


 本日の走行距離 120.4km
プロフィール

毛馬5丁目

Author:毛馬5丁目
大阪に流れる淀川のほとり 
毛馬町に住んで50年あまり。
メタボ対策に乗り始めたロードバイクなどのことを、
綴っていけたら・・・と思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。