スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに釣れたのに~

8月17日 青野ダム バス釣り

釣れたバスの写真を撮ったつもりが、
マイ帽子しか写ってない図
IMG_0245.jpg
もうかなり、久しぶりにまともなサイズ(35センチオーバー)が
釣れたのに、自撮りに失敗(泣)
でも、暴れたバスだけ落として、携帯、水に落とさなくて良かった!(笑)
スポンサーサイト

布目ダムで浮く

9月23日

ひさしぶりのフローターでのブラックバス釣りに行って来ました。
しかも、今回は岩本氏、東本氏もご同行。

楽しくなりそうで、わくわくして前の日は子供みたいにあまり、寝られませんでした
(うそ!ほんとは最近、せきがでて、寝られない日がちょくちょくあります。
嫌いな病院に行かんとあきませんね!)


東本氏のピカピカの新車、jeep
jeep


今回の行き先は奈良の布目ダム

布目ダムは釣りをするには遊魚券が必要です。

遊魚券

jeepと布目ダム

私と岩本氏には初めての場所ですが、湖の雰囲気や遊魚券が要る事で、
釣れる気がむんむんしてきました。

早く、釣りたい気もちでわくわく

久しぶりのフローターの準備で手間取り、あせあせ
準備完了
準備完了と思いきや、真ん中の私の用意したフローターの空気穴のキャップの閉めかたが甘く、
空気の入れ直し!何をしてまんねや!

汗だくで用意して、やっとこさ、入水!



「ふ~~~!!気持ちいい!!」




「さあ~、釣りまっせ~」






・・・・・・・




・・・・・・・




「・・・・・ん~釣れませんけど~」




数回のあたりはあるものの、なかなかお魚の姿をお目にかかることが出来ません。


私と岩本氏はいまだ、ノーフィッシュで、昼休憩に入ることになりました。

東本氏はというと、

「釣れましたか?」と聞くと

「そこそこのサイズが釣れたよ~」とおっしゃる。

私と岩本氏は考える・・・(こころの声)「おかしいな~いつも、釣れたら湖中に響き渡るほどに大きな声で
『よっしゃ~』やら『ふぃっしゅ~』 と叫んでるのにな~」  ・・・・・と


フローターの場合、釣れたからといってすぐに飛んで行って、写真を撮る事は無理。

しょうがないので、エアーギターばりの

エアーフィッシュの写真でも、撮っておきましょか

「どれぐらいの大きさでしたか?」「ん~だいたい、これぐらい。」

「ハイ、チーズ」
エアーフィッシュ
多少の大きさの水増しがあるのは、目をつぶりましょう(笑)


コンビニで調達していた食料で、昼休憩後、午後の部スタート

昼休憩


…恥ずかしながらの私のベストフィッシュです(これ以上、大きな魚が釣れてないので…)
私の25cm
ベビーシャッドで25cm




周りから見てると、楽に遊んでるように、見えるけど、

風が強いと、けっこう足を動かさないといけないし、
方向転換するには、身体をねじるようにして、操縦しなければだめだし、
見た目よりも、案外、スポーツ感覚な釣りです。

久しぶりのフローターだったので、私、普段、動かさない筋肉を使ったせいか、

魚は2匹しか、釣ってないのに

3回も  足、攣りました(泣)






岩本氏


東本氏


なかなか、大した釣果も無く、午後3時に上陸、納竿
上陸!!

昔は、月に2~3回は釣りに行ってたけど、今年はたぶん、3人で釣りに来たのは始めて。
なかなか、みんな、寄る年波には勝てません。

まあ、それでも、次の再会を楽しみにして、お別れしました。

ありがとうございました。

淡路島へバス釣りに行く

4月23日

この日は久しぶりに淡路島へ「バス釣り」に行ってきました。

いつもの、Boss氏 I氏と私に加えて、
Boss氏のお店のスタッフである澤氏の4人での釣行です。

自転車や、山登りに誘っても、

「やれ、あっちが痛い。」
「ほれ、こっちが痛い。」 
「ほら、まだ寒いやん!」


と、身体は、お互い、年々年を取り、無理をしないようになりました

それでも、元々、釣りから始まった仲なので、釣りとなると、
すんなり、集まります


まず、一つ目の野池の到着。
バス釣りが初めての澤氏へboss氏は指導をする。

boss氏 「針の付け方はね、どうたらこうたら・・・」
澤氏 「はい。」

Boss氏 「ルアーの動かし方はね、どうたらこうたら・・・」
澤氏 「はい。」

Boss氏 「じゃ、投げてみて!」





しばらくすると、

澤氏「釣れました~!」
ミラー池 澤氏
ってあなた!!初めてやのに一番に釣ってるやん!!!
しかも、魚でかいし!!






で、師匠の魚はというと、


ミラー池 BOSS氏
釣れた時の「よっしゃ~の声の大きさの割りに、たいした事はありません



笑ってる場合じゃありません。

朝の、二人の2匹が釣れたきり、その後、みんなにぴたっとあたりがなくなりました。

場所を移動するも、どこも、厳しい状況は続きます。



I氏と澤氏



実績のある野池に行ってみても、釣りが禁止になっていたりして、
淡路島も、だんだん厳しくなってきてる。
いつも、行った事がある、野池ばかりじゃなく、
遊べる場所を開拓しないといけませんね













あたりが無く、お疲れ気味のBoss氏

三段池 BOSS氏


あたりが無く、携帯いじる、I氏。


三段池 I氏



あたりが無くても、若くて、根性がある澤氏は釣り続ける。

三段池 澤氏

私は、あたりが無く、お昼寝









テレビで誰かが言っていましたね、
「キャスト(ルアーをほり込む)の数だけ幸せの数がある。」

寝てたら、釣れる魚も釣れません。

午後3時を過ぎました。

頑張って、最後の野池に、移動。









集中力をつけて、頑張るも、ここでも、なかなか釣れない。










「そろそろ、帰ろか」って時間になり、やっと、私にも1匹。

やっと釣れた

小さいのが先に釣れてて、これが、私の唯一の写真かなって思ってたけど、上の写真が撮れてよかった~
24-4-23 淡路島バス釣り 010 上の、自慢げな顔と比べて、申し訳なさそうな顔がおもしろい




それでも、天気も良かったし、景色のいい、淡路島でゆっくり出来て、最高でした
プロフィール

毛馬5丁目

Author:毛馬5丁目
大阪に流れる淀川のほとり 
毛馬町に住んで50年あまり。
メタボ対策に乗り始めたロードバイクなどのことを、
綴っていけたら・・・と思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。