スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

船坂川(鎌倉峡)下り

9月22日 
快晴が続いてる連休の中日、家にこもってるのも、
もったいないので、急きょ、H氏をお誘いし、ひさしぶりの鎌倉峡へお気軽ハイキング

JR大阪駅で待ち合わせして、目指すは宝塚線 道場駅
で、電車乗って、おしゃべりしてて、気づけば神戸線 芦屋駅 
はい、お約束の乗り間違いです。(笑)
ふたりとも、気づくの遅すぎ!(^∇^) 

JR 道場駅から、すぐにのどかな田園風景が広がり、
平田配水場への道しるべに従って、歩きます。
配水場から、大した登りもなく、まもなく
船坂川の渓谷に出合います。
この辺りから、下流の百丈岩までが鎌倉峡といわれている。

大きな滝もなく、それほど、困難なく、沢歩きが楽しめる
お気に入りのコースです。

IMG_0293.jpg

IMG_0292.jpg


大きな岩場があり、少しスリリングな歩行も楽しめます。
IMG_0295.jpg
岩へ、へばりついて、慎重に(笑)進むH氏
ちょっとぐらい、はまってくれたら、ネタになるのになぁ


で、ほどなくして、百丈河原に到着。

百丈河原の茶店から望む百丈岩

IMG_0297.jpg
高さは約60メートル、ロッククライミングの練習場になってるみたいです。
でも、実際にロッククライミングしてるところは一度も見たことはないんですけど・・ね

百丈岩にも、登ってみます。

断崖絶壁の壁面の登攀はしないでも、脇道から登ることができます。
IMG_0298.jpg
脇道といえども、けっこうきつい。

汗だくになり、尾根道に着きました。 先に登っていった人達が見えます。
IMG_0300.jpg

百丈岩到着。
IMG_0301.jpg

IMG_0305.jpg
以前に来た時は先っちょの岩場まで、行ってくれて写真撮らせてくれたのに、今回は自重。
(ここでは、何かあったら、ネタどころではありません )

周りは、ほぼ90度の断崖絶壁、決して真下を見ることは出来ません。
IMG_0309.jpg
こころなしか、恐怖のため、青ざめてる?私。

百丈河原の茶店まで戻るルートはきついので、北側へ初めて下りてみる。
IMG_0316.jpg

第2名神の工事のため、通行止めのルートがあるものの
茶店からの登ってきたきついルートは使わずに船坂川の道まで下りてこれる。
IMG_0318.jpg




IMG_0323.jpg
迫力の工事現場を通過して、無事 JR道場駅に到着。

気持ちのいい汗をかいて、良い運動になりました。
お疲れ様でした。
スポンサーサイト

お参りハイク

IMGP4809.jpg


お正月休みの最終日、暖かくなったので、
お参りがてら、中山へハイキングに行って来ました。

コースは

中山寺~中山最高峰~奥ノ院~清荒神

年末年始にかけて、寒かったので、雪が降ってた跡があったけど、
この日は、絶好のハイキング日和。
正月でなまってた体を、少しは目覚めさせることができたかな・・

IMGP4813.jpg

剣尾山ハイキング

11月24日 剣尾山にハイキングに行ってきました。

IMGP4798.jpg


同行者は岩本氏と東本氏
IMGP4799.jpg
この日は暖かく、頂上での昼食後、うたた寝が出来るほどでした。


IMGP4796.jpg



IMGP4797.jpg

剣尾山から横尾山をまわって下山。

気持ちのいい汗をいっぱい、かいて大満足の一日でした。

真夏のリトル比良(岳山)

8月18日 I氏と青野ダムでバス釣り
写真もなければ、特に記録することもなし
早い話が二人ともボウズ・・


8月20日 I氏と山登り

行き先は リトル比良 (岳山)

当初の計画では 近江高島駅~岳山~岩阿沙利山~寒風峠~凉峠~北小松駅

と考えてたが、時間的な問題と体力不足から岳山を過ぎ、「鳥越峰」から「見張山」
経由で近江高島駅へ引き返しました。
私には比良山系のやまは初めてだったけど、真夏の岳山への登りは結構、きつく、
ガイドブックの時間どうりには進まないと判断しての、コース変更。


9時、近江高島駅到着して、15分頃出発。
IMGP4758.jpg

約6時間の走行時間の計画コースだったので、9時、出発では私たちのレベルでは
遅すぎた訳ですね!




「賽の河原」というところで休憩。
IMGP4759.jpg



大きな灯篭が見えてきました
IMGP4760.jpg

IMGP4762.jpg
琵琶湖が見えてきて景色がいい

灯篭を過ぎると、急坂が続きます。




喘ぎ、喘ぎできつい坂を登り、汗でびしょびしょになるも、
涼風が吹いている谷間の岩場でしばしの休息。
IMGP4764.jpg


最初のピークの岳山に着く前に疲れてきたので、早めの昼休憩。



予定時刻に1時間ほど遅れて、「岳山」到着。
IMGP4766.jpg


岳山からは尾根道
IMGP4767.jpg


鳥越峰の手前で展望が抜群の「オウム岩」に立ち寄る。


オウム岩からの眺め。(琵琶湖方面)
IMGP4771.jpg

オウム岩から、蛇谷ヶ峰方面を眺める。
IMGP4773.jpg

オウム岩から真下を眺めるI氏 (あんまり、端に行ったら落ちますよ 笑)
IMGP4769.jpg



鳥越峰に到着した後、このあとの距離と時間を考え、ルート変更

「見張山」方面へ引き返します。

IMGP4774.jpg


IMGP4775.jpg


国土地理院の地図にも載ってないルートで、
整備があまりされてなく、倒木だらけ、
IMGP4776.jpg

しかも、あんまり人が通らないのか、蜘蛛の巣だらけの道を進み、
3時過ぎに近江高島駅到着。

真夏の登山はきつく、「リトル比良」と、リトルというけれど、
あなどるなかれ、恐るべし、比良山。

大岩ヶ岳 リベンジ編

7月28日 

何日か続いた酷暑も幾分か和らぎ、暑いながらも、湿気はあまりなく、
日陰に入ると、過ごしやすかった。
そんな日に出掛けたハイキングの場所は「大岩ヶ岳」リベンジ編です。

前回ひとりで、行ったときは、「丸山湿原」へも行きたかったのに、どうしても、
道が分からず、今回は、友人も誘い、三人寄ればもんじゅの知恵とばかり、
I氏、H氏の力を借り、「丸山湿原」へと無事、たどり着くべく、出発した
のであります。

前回と同様に、大岩ヶ岳を左側から、巻いて登ります。
千刈貯水池を左手に眺めながらの登りです。

ちょっと、休憩。

顔に近距離から「虫よけスプレー」ふり過ぎて、むせかえるH氏(笑)

IMGP4747.jpg




大岩ヶ岳 到着。

IMGP4757.jpg




標高 「1384m」 ?

IMGP4756.jpg
1000mの水増し偽装工作を図るH氏(笑)



IMGP4753.jpg



その後、無事下山し、道場駅からJRで、帰宅しました。

 PS  素人がいくら、三人寄っても、もんじゅの知恵とはならず、
地図と磁石で、位置を確認し、それらしき道を行きつ、戻りつするも、
結局、今回も丸山湿原には行けませんでした。(泣、笑)
プロフィール

毛馬5丁目

Author:毛馬5丁目
大阪に流れる淀川のほとり 
毛馬町に住んで50年あまり。
メタボ対策に乗り始めたロードバイクなどのことを、
綴っていけたら・・・と思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。